被毛のお手入れ

マンチカンの被毛のお手入れは、少し手間をかけてブラッシングしたほうがよさそうです。長い毛の場合ですが、どうしても抜け毛が多くなり、気づけばあちらこちらに落ちていることが多いです。短い毛より若干目立つので、気になる方は飼うときに一考してみましょう。日常のお手入れとして、基本的には、短い毛の場合は一日一回、長い毛の場合は一日二回のブラッシングがよいでしょう。正しいブラッシングの仕方は、ペットショップやブリーダーに教えてもらいましょう。一年のうち、特に春と秋は抜けやすくなりますので、注意しましょう。

ほとんどの動物は、被毛によって体温調節していますが、猫も同じので、適度なブラッシングによって状態を保つことはとても重要です。始めは嫌がる場合もありますので、あまり時間を掛けずに短時間で行い、徐々に慣らしていきましょう。

ブラッシングしながら、皮膚や身体の状態をチェックできるので、習慣として続けたほうがよいでしょう。猫はなめて毛づくろいをしますが、特に抜け毛の時期は、なめながら大量の毛を飲み込むことも多く、吐いて出すことや詰まって排便することも難しくなり、しまいには、毛球症になる危険性もありますので、さらに要注意です。ひどくなると手術で取り除かなければならなくなるので気遣ってあげてください。